宮崎の風俗こそ至高

 >  > 抜き足りない自分と風俗で卒業した

抜き足りない自分と風俗で卒業した

オナニー依存症なんて症状はないと思うんですけど、何だか本当にそんな感じっていうか、抜いても抜いても満足出来ないような状態だったんですよ。それこそ毎日のようにオナニーしていましたからね。さすがにこれは自分の力ではもう性欲を抑える事は出来ないんじゃないかって思って、風俗で抜いてもらってきたんですけど、やっぱりオナニーとは違いますよね。発射するって点は同じではあっても、快感の質のようなものが全然違うんじゃないかなって。風俗でKからしっかりとフェラで抜いてもらったら、言いようのない満足感っていうか、オナニーでは味わう事が出来なかった満足感を味わう事が出来たんですよね。そしてその日、オナニーを久しぶりにしないで済みました。なんだか性欲に自分自身が支配されていたような気持ちになってしまっていましたけど、風俗で抜いたおかげで自分自身を取り戻す事が出来たんじゃないかなって思いますね。大げさかもしれないですが(笑)

いきなりバックから風俗嬢に攻められた

受付け横の階段の踊り場で風俗嬢と対面。階段を3Fまで降りて広いプレイルームがある。この広さがこのお店の自慢だそうだけどね。内装も豪華でバスタブも独立した4本脚が豪華すぎる。さらに横には大きなマットまであった。それぞれ時間によって利用が区切られているのだ。今回のオレは60分コースなので、バスタブもなしだけどね。このバスタブをお湯でいっぱいにするのもかなりのお金かかりそうだからね。なんてお金のことばかり心配してしまったよ。シャワーで体を洗ってもらって、ベッドに寝そべった。最初は俯せから攻めてもらった。風俗嬢が覆い被さってきて、おっぱい乳首やら、おまんこの陰毛がさわさわと触れてそれだけでちんこがフル勃起するので思わず腰を浮かせてしまったよ。その隙間から手が入ってきて、すかさずしごいてくれたのが嬉しい。その動きがとても自然で背後からの全身密着が気持ちよくて、そのまま大きな快感の中でザーメン大発射となったよ。

[ 2015-07-13 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ